革修復職人が教える『バイキング MORE』で紹介された家庭でできる革製品のお手入れ方法は?

2020年12月14日放送の「バイキング MORE」番組内のコーナー、

2時プロジェクト〜気になってるの私だけですか?〜「一流の1日どんな感じ?」で、革修復職人・保科美幸(ほしな みゆき)さんの1日が紹介されました。

このコーナーで保科美幸さんは、家庭でできる革製品のお手入れ方法を紹介していました。

この記事では、番組内で紹介された革製品のお手入れ方法と、革製品を家庭で保管する際のポイントをまとめます。

番組で紹介された革製品のお手入れ方法

ステップ① 汚れを落とす

中性洗剤を20倍に薄めコットンに染み込ませ、皮全体を優しく拭きます。

ステップ② 保湿する

ハンドクリームを手に取って馴染ませ、そのハンドクリームが馴染んだ手で革を優しく磨きます。革は動物の皮膚で、人間の皮膚と同じように保湿だそうです。

ステップ③ 磨く

磨き上げる作業には、ストッキングを使用します。ストッキンの柔らかさが革の艶出しに良いそうです。

2ヶ月に1度の頻度でお手入れをすると良いそうです。

保科美幸さんは「革は人の肌と同じでデリケート」という視点を持ち、修復作業を革製品のスキンケアやメイクアップと捉え作業されていました。

大切な革製品、自分の肌と同じ様にしっかりケアすれば、美しい状態で長もちさせる事ができるのですね!

家庭で革製品を保管する時のポイント

革製品の保管で大切な事は通気性で、購入時についてくる箱や布製のバックに入れての革製品の保管は勧めていませんでした。

革製品は箱、袋から出した状態でクローゼットに保管し、出かける際はクローぜットの扉を開け湿気を逃すと良いと話されていました。

まとめ

皮修復のプロフェッショナル・保科美幸さんが紹介した、家庭での革製品のお手入れ方法と、保管する際のポイントをまとめました。

使えば使うほど味の出る革製品。

しっかりお手入れして長く使いたいですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です